過払いはなぜ発生してしまうのか。 ○1

そもそも過払いとは何なのでしょうか。それは業者との取引期間が長くなってしまった場合に、その業者に対して、払うべき金額以上のお金を払ってしまっている、そんな可能性があります。この余分に支払われたお金を過払いと呼ぶのです。では、なぜその過払いは発生してしまうのでしょうか。「過払い金」が発生してしまう原因には、以前の出資法という2つの法律が関係しています。これは、利息制限法と今完全施行されている改正資金業法にも関係があります。利息制限法では金利の上限は15パーセントから20パーセントと定めています。だからこの利息制限法で定められた上限を超えた金利を定めても、超えた分は法律上無効となるのです。しかし、この改正資金業法が完全施行されるまえの出資法では上限金利が29.2パーセントに定められており、29.2パーセントを超えた金利を設定している場合には、「5年以下の懲役、もしくは1000万円以下の罰金」という刑事罰が科せられていたのです。

英語 発音

戦国ixa 空き地

八王子市 不動産

新潟 会社設立

家族葬 尼崎